【完全保存版】オンラインカジノのルーレットのルールと賭け方

今回は、オンラインカジノでポピュラーなゲームの一つであるルーレットのルールや賭け方についてです。

ルーレットのゲーム画面

ルーレットをプレイしたことがなくても、オンラインカジノで遊んだことがある人であれば、上の画像のようなゲーム画面は見たことがあると思います。

ゲーム進行の流れは非常にシンプルで、数字や用語が印字されたシート(スコア表やスコアシートと呼びます)の上にチップを賭けて、ルーレットで当たった数字がチップを置いた場所に当てはまっていれば賭け方に応じた配当がもらえ、外れていれば賭け金が没収されます。

このスコア表に印字された賭け方の種類が多いため、「ルーレットは難しそう」と感じている人も少なくないのではないでしょうか。今回は、その賭け方を中心に説明していきます。

ルーレットの種類

まず、ルーレットには復数の種類があり、現在はアメリカンルーレットヨーロピアンルーレットの2種類が主流となっています。

この2つの違いは「0」の数だけです。下のそれぞれのスコア表を見ればわかる通り、アメリカンルーレットには「0」と「00」の2種類があり、ヨーロピアンルーレットには「0」の1種類しかありません。

アメリカンルーレット

ヨーロピアンルーレット

「0」以外の数字の種類はどちらも同じであるため、アメリカンルーレットは「0」、「00」と「1〜36」の38種類、ヨーロピアンルーレットは「0」と「1〜36」の37種類ということになります。

アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットの賭け方は全く同じです。オンラインカジノでは、ヨーロピアンルーレットが主流となっていますので、今回はヨーロピアンルーレットのスコア表を使って説明していきます。

ルーレットの賭け方

それではルーレットの賭け方をみていきます。ルーレットの賭け方は大きく分けてインサイドベットアウトサイドベットの2つに分かれます。

インサイドベット

インサイドベットとは、シート内の黄枠で囲んだエリアに賭けることです。

インサイドベットは全部で5パターンあります。
※黄色の丸はチップを表しています。

・ストレートアップ

特定の数字1つに賭ける方法です。最も当てることが難しい賭け方であるため、配当は最高の36倍です。

・スプリット

隣り合った数字の間の線上にチップを置き、隣り合った数字2つに賭ける方法です。配当は18倍です。

・ストリート

端の線上にチップを置き、縦一列の数字3つに賭ける方法です。画像の例の場合は、4・5・6に賭けたということになります。配当は12倍です。

・コーナー

4つの数字の真ん中の線上にチップを置き、数字4つを指定する賭け方です。配当は9倍です。

・ダブルストリート

横2列の端の真ん中の線上にチップを置き、隣り合った縦2列の数字6つに賭ける方法です。画像の例の場合は、1・2・3と4・5・6に賭けたということになります。配当は6倍です。

アウトサイドベット

アウトサイドベットとは、シート内の黄枠で囲んだ数字以外のエリアに賭けることです。

アウトサイドベットは全部で5パターンあります。アウトサイドベットはどのパターンも「0(アメリカンルーレットの場合は00も)」が出たら負けとなります。
※黄色の丸はチップを表しています。

・カラー(レッド・ブラック)

数字の背景色(数字の色の場合もあります)が赤か黒かのどちらかに賭ける方法です。配当は2倍です。

・オッド・イーブン

偶数(EVEN)か奇数(ODD)かに賭ける方法です。配当は2倍です。

・ハイ・ロー

ロー(1〜18)かハイ(19〜36)かに賭ける方法です。配当は2倍です。

・ダズン

1-12(1〜12までのどれが出ても勝ち)、2-12(13〜24)、3-12(25〜36)のいずれかに賭ける方法です。配当は3倍です。

それぞれ、最初の数字12個、2番目の数字12個、3番目の数字12個を表していて、例えば2-12は「2〜12までの数字」という意味ではないので注意が必要です。1-12、2-12、3-12はそれぞれ、1st12、2nd12、3rd12と表示されているシートも多いです。

・コラム(カラム)

3つの『2:1』のいずれかに賭けて、それぞれの2:1に隣接する1・4・7・・・、2・5・8・・・、3・6・9・・・の一列に賭ける方法です。それぞれの一列にある数字のいずれかが出れば当たりとなります配当は3倍です。